ブロードバンド回線

ブロードバンド回線の速度

今の時代において、インターネット回線には安定性に加え、速度が求められています。

 

一昔前のアナログ回線時代においては48K〜128Kが主流でしたが、今ではその10倍から50倍以上の速度となっており、1M回線から、ハイスピードともなると1Gにもなるようです。

 

さらに、データ通信は通話回線とは別となるため、インターネットをしながら通常の電話も出来ると言う環境が一般的となっており、ブロードバンド回線の性能の高さが伺えます(アナログ回線の場合、インターネット中は通話ができず、通話中はインターネットが出来ませんでした)

 

ブロードバンド回線の速度ですが、大別すると一般的にはADSLと光回線に分けられます。

 

ADSLは月額のコストが安価ですが、プランによって速度が変わり、1.5Mから50M程度の速度になると言われています。

 

対して光回線の場合、こちらもプランによって変動があるものの、総じて100M以上の速度になり、最もスムーズにインターネットを楽しむことが出来るものの、ADSLと比べて割高になります。

 

とは言え、ブロードバンド時代においてインターネットの速度は非常に重要なのは間違いありませんが、大容量データの取扱量が多いと言うわけではなかったり、インターネットそのものを長時間利用する習慣が無い場合においては、決して重要と言う訳でもありません。

 

また、速度があっても、パソコンのスペックがついて行かない場合や、回線の品質によっても大きく影響されるため、常に誰もが理想の速度でインターネットが出来るとは言い切れません。

 

ブロードバンド回線を利用する場合でもやはりコストはかかるため、環境に応じて適した回線を選ぶようにしたいところでしょう。


4万円以上が【確実】にもらえるブロードバンド契約


ブロードバンド回線の速度
ブロードバンド回線の速度 ブロードバンド回線の速度
ブロードバンド回線の速度
ブロードバンド回線の速度
ブロードバンド回線の速度